Lasten aikaのブログ

コーヒーを飲みながらのんびりと絵本を読む・・                                                                                リユース販売の絵本や児童書の中から良さそうな本を探してみる・・    そんなお店です。                                                                                                                          小さなお店なので誘い合わせず、少人数でたっぷりの時間を用意しておこしください。  

2014年02月

作:松田範義さん
大人のあなた、小中学生の頃読まれた方もいるのでは?
私は・・・初めて読みました。


「ナルニア物語」の様に、
「ハリーポッター」の様に
「はてしない物語」の様に、日常から冒険の世界へ入り込む物語。

そこで待ち受ける 侵略、人種差別、貧困、飢餓。
でも、勇敢に戦い勝利を勝ち取る、のではなく、
この物語は、共存し、土つくりから農作物を作り、
飢餓・貧困の解決から取り組む大冒険なのです。


●こんな物語を求めていました。
井上ひさしさんが、絵本「子どもにつたえる日本国憲法」の「はじめに」で言ってます。
  「武芸の名人達人は決まって山中に隠れたり政治に志したりする、
  それは剣よりも強いものがあって、それは戦わずに生きること。
  剣豪たちはその生涯の後半でそれを知るが、
  私たちは(日本国憲法により)それと同じ境地に立っている・・・」と

児童書でも絵本でも、コミックでもアニメでも良い、
この剣よりも強いものを駆使した大冒険物語を求めていました。
その一辺がここにあると思いました。


物語で立ち向かった問題は、出版から25年経っても解決してないのに・・
残念ながら絶版・・・・
痛快で面白くて日本的、世界的ヒットになる物語、早く出てこい!!


カフェの本棚に置いてあります、
希望があればお貸ししますので言ってください。
20140227_193638

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」、みなさん見られてますか?
私も?「あまちゃん」の習慣で見ています。

物語はだんだんと戦争末期へと進んできました。
腹を空かせた近所の子供たちにおやつを食べさせてやるめ以子。
その姿が
「究極の正義とはひもじいものに食べ物を与えることである」と語る、
やなせたかしさんの正義像とダブって見えてきました。


戦時中、やなせさんも関わってしまったプロパガンダに加担し
苦悩する作家やアナウンサーも出てきます。
何の為に生まれてきたのか、何度も問いかけています。

20131101_181250

先日、旧2号を通っていたらビックリ!
2号バイパスに転出した旧岡山トヨペット(久米交差点の西の店舗)の壁に、
馬場のぼる さんの壁画があったのです。 

縦4m×横20mはありそうです、なぜ気づかなかったのだろう?
絵に「原画=馬場のぼる」記載されているので、
原画を元に看板屋さんが壁に描いたと推測されます。

馬場のぼるさんが亡くなられて13年になります
岡山に残された壁画、何かに活用したいですよね~

●ねこが横断歩道を渡ってる
IMG_3196 (800x533)


















●右から、左に向けてストーリーになっています
 気になる方は早めに見に行った方が良いかもしれません。

  お出迎え  ←  荷車で  ←  船で  ←  ごめんなさい ← 格闘
IMG_3210 (800x450)

ミイの折り紙、メッセージ付を
頂いたので壁に貼りました。

増えてきました。
一番ギコチナイのは、
我が家のミーちゃんが作ったものです。

20140219_101205

文:古田足日 絵:田畑 精一

必ず?!幼稚園・保育園で読んでもらったのではと思われます。
皆さんはどの様に覚えていますか?

■子供に読み聞かせし驚きました。
絵本だと記憶していたのですが、「幼年童話」と言われる読み物に近いのです。
読み応えがあり、疲れます・・・。
ごめんなさい何度も・・は、読めませんでした。


さらに、男の子が持ってる赤いミニカー、ネズミの爪に灯した青い街燈などなど
カラーで覚えていたのですが、実際は多くの絵がモノクロだったのです。
読み継がれる本は子供の中で想像を膨らませる力があるのですね。

・カフェの本棚にあります。
・リユース絵本 800円 販売中
20140218_190051

このページのトップヘ