Lasten aikaのブログ

コーヒーを飲みながらのんびりと絵本を読む・・                                                                                リユース販売の絵本や児童書の中から良さそうな本を探してみる・・    そんなお店です。                                                                                                                          小さなお店なので誘い合わせず、少人数でたっぷりの時間を用意しておこしください。  

2014年09月

もう10月、朝晩が寒くなってきました。

昼はまだまだ暑いですが・・

温かい飲み物メニューを追加しました。
フードとセット可能です。

・ホットチョコレート 500円
・ホットミルク     400円

DSC_0080

作:岩本ナオ

間違いなくコミックです、すみません。
岡山市に合併する前の児島郡灘崎町が舞台です。

私が少年だった頃?
灘崎の山にある大山桜まで地元の人が道を作った・・・・
とニュースで見たことを思えています。
役場の観光係としてそれらに挑戦しています。

懐かしく、切なく、そうだよねと読み切れますよ。
コミックですが、さり気なくお店に置いてあります。
DSC_0071

作:西原理恵子
コミックっぽいですが、
「風が吹くとき」が絵本ならば、これも間違えなく絵本です。

男の子が成長して独り立ちして行きます。
世代から私は「銀河鉄道999」の哲郎とメーテルと思い浮かべました。
そんな劇的なおエピソードではないですが、
いろんな事に挑戦して、踏ん張って成長するんだなと、
そして、
成長するという事は嬉しい事で、一方
子供で居られなくなるさみしい事だな・・と思います。

「バッテリー」の永倉豪くんでもあります。
DSC_0070

天気が良いので、こどもと自転車で散歩しました。
すると、道ばたに彼岸花が咲き始めてました。

彼岸花と言えば、
「ごんぎつね」を思い浮かべます。
小学校の教科書に挿絵が乗っていました、
ごんぎつねを黄色く、彼岸花を赤く、色鉛筆で塗りました。

この季節、きもちよいですね。

DSC_0052

このページのトップヘ