ご存じですか?
倉敷の松田 範祐さんの児童書です。
絵本「おしいれの冒険」よりも短い文書ですから、絵本と言っても良いですね。

あるとき松田 範祐さんの「きつねくんのてじな」を子供がYMCAでもらってきたのです。
借りて読むと子供の頃の気持ちや時間が思い出されるようで、
温かくて切なくて、もっと読んでみたいと思ったのです。

そこでシリーズを取り寄せました。

「くまくんはびょうきです」には、いろんな事に病む現代を感じました。
その中で、お母さんが自分の思い違いをきつねくんに謝りに行くのです、
そこか素直で素敵で、大切にしたいと思いました。

「うさぎさんのたからもの」には、もっとも心揺さぶられるものがありました。
きつねくんが大切にしているものに。うさぎさんが見つけた本当の宝物に。
大切にしてきた気持ちを見失いかけた時に、
今大好きな大人の絵本です。
20131119_175729