作:茂木健一郎

家にあったので、
世間から遅れて読んでみました。

「赤毛のアン」のエピソードの意味や、私たち、子どもたちが
生きていくにあたって参考になる事などが茂木さんの視点で
分かりやすくまとめてありました。

私が「赤毛のアン」を読んだ時に、
ここは気付いたぞ!と言う点もあれば、
ここは気付かなかったな~、から、
そういう読み方もあるのか!など
いろいろ思う所ありました。

全文が、茂木さんが独特のイントネーション、
言い回しで、話してくれているようです。

※小学生、高学年~大人まで
DSC_0152