ぼくらの七日間戦争
作:宗太 理

子どもが「とっても面白いよ!」と貸してくれました。
懐かしい、と言っても本を読んだ事も、映画も見た事も無く・・・、
宮沢りえが出演する映画のTVCMの記憶です。


これは!!
中学に上がって、学校や社会、大人に感じていた事を
痛快に言い切り、痛快に行動する。
飽きさせない展開、ストーリーでとっても面白い、ヒットするはずですね。


解放区の砦として非現実的に表現されていますが。
それは、私たちが子どもの頃作った秘密基地であり、近所の児童公園であり、
放課後の遊ぶ約束であり、生活環境を抜け出した山や海でのキャンプの様にも思えました。


本作が書かれた1985年から、さらに
子どもの解放される場所や時間が少なくなっているようで、
とても気になります。

DSC_0741