・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人
・神の守り人 来訪編
・神の守り人 帰還編
・蒼路の旅人
・天と地の守り人 第一部 ロタ王国編
・天と地の守り人 第二部 カンバル王国編
・天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編


作:上橋菜穂子


この春放送されたNHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」 に前後して、
子どもが本を読んでいたので、借りて読みました。



●子どもが読んで面白くワクワクする冒険ファンタジーです。
でも軽くない、深く素晴らしい大作です。


生きるとは、身分階級とは、差別とは
政治とは、税金とは、戦争とは、人間とは、信じるものとは・・
私たちが暮らす現実社会の中で悩まされる選択や壁・矛盾が
ファンタジーの中にも出てきます。


平凡で幸せに暮らすことが、
どんなに崩れやすい物の上に築かれているのだろう、
大人が読んでも面白く、心にしみてくる気がしました。

精霊の守り人